(管理人ツイッター)
”美しきMリーグライフ”管理人であり、Mリーグファンのヒロユキです!

この「試合の見どころ解説シリーズ」では、ファン(管理人)の目線から試合の見どころを分かりやすく解説しています。

さらに、記事の動画バージョン(22時頃に更新)YouTubeで配信しています。記事を読むのが面倒なら、そちらを視聴してみるのがいいと思います。

今回話す12月15日(火)の1戦目は、
赤坂ドリブンズ丸山奏子さん
渋谷ABEMAS白鳥翔さん
EX風林火山勝又健志さん
セガサミーフェニックス和久津晶さんという対戦メンバーでした。


では、さっそく試合の見どころを解説していきます。

見どころ①安定感がすごすぎる、ダマテンで爆弾を仕込む勝又

もうすぐでレギュラーシーズンが半分経つという段階ヘ来ました。そんななか、一度もチームポイントがマイナスになったことのないチームがいます。

そのチームは、シーズン初戦にトップを取ってから常にダントツの成績を残してきました。そのチームこそ、「背水の陣」というテーマを掲げている赤き要塞、EX風林火山です。

風林火山はチームメイト3人が全員プラスの成績。当然、試合に出る勝又さんもプラスの成績です。

勝又さんを見ていると、大崩れするイメージがほとんど湧きません。そして、この試合でも圧巻の試合運びでしたね。

この試合の勝又さんは、「ダマテンで爆弾を仕込んでいた」という特徴があります。
こっそり破壊力のある爆弾を作って相手に投げつけるって感じでした。
初っ端の一撃は、東2局。ピンフ・ドラ3ですよ。恐ろしい…

ここで白鳥さんが直撃されました。
2個目の爆弾は、東4局の跳満です。恐ろしいほどの高打点。ツモ・タンヤオ・平和・三色・ドラ1

これもダマテンです。なぜこんなにダマテンが多いのか?
噂によると、今シーズン勝又さんは裏ドラが1枚も乗っていないそうです。裏ドラ乗らないからリーチかけないんじゃないかという疑惑をかけられていました
(たぶん関係ない)

見どころ②コントラストの際立つ2人の競り合い

コントラストの際立つ2人とは、ドリブンズ丸山さんフェニックス和久津さんのことです。この2人の女性プロは、見た目のコントラストがすごくて…

見た目が幼く見える丸山さんと、めっちゃ大人な雰囲気が漂う和久津さん。この2人がめっちゃやり合ってました!

見どころは南3局、400点差の2人。ドラをポンした丸山さん、そして面前ホンイツで恐ろしいテンパイを入れていた和久津さん。

緊迫感があってドキドキする場面でした。危険な場面で、アガリを取るために切り込んでいった和久津さん


そんな和久津さんに対して、実況の日吉さんがめっちゃ失礼なこと言ってました…
攻撃的な攻めを見せた和久津さんに対して、「これは人間の目じゃない!!」という発言(笑)

試合の局面も実況も面白かったんで、ぜひご覧になってみてくださいね^^

では、試合の見どころ解説は以上です。もしMリーグを見る場合は、ABEMAプレミアムであれば全試合を視聴することができます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【関連ページ】
この記事の動画バージョン(22時頃に配信)
同日に行われた2戦目の記事

(管理人ツイッター)