(管理人ツイッター)
”美しきMリーグライフ”管理人であり、Mリーグファンのヒロユキです!

この「試合の見どころ解説シリーズ」では、ファン(管理人)の目線から試合の見どころを分かりやすく解説しています。
試合を見た方は、試合の面白さを振り返るために。試合を見ていない方は、試合の見どころがなんなのかを知るために、この記事を活用してくださいね^^

また、記事の動画バージョンをYouTubeで配信しています。記事を読むのが面倒なら、そちらを視聴してみるのがいいと思います。

今回話す12月1日火曜の1戦目は、
赤坂ドリブンズ丸山奏子さん
U-NEXT Pirates瑞原明奈さん
渋谷ABEMAS白鳥翔さん
KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾さん、という対戦メンバーでした。

それでは、さっそく試合の見どころを話していきます!

12000点を加点しまくる、ABEMASの起爆剤こと白鳥

この試合の少し前から、チームランキング首位へ急浮上した渋谷ABEMAS。そんなABEMASにおいて唯一、個人の成績がマイナスへ沈んでいたのが白鳥翔さんでした。

前シーズンは神懸った活躍でチームをけん引した若きエース。そんな白鳥さんが「スゴイ」しか言えないような活躍をして、見事にトップを勝ち取ります。

↑試合で輝く白鳥さんのイメージ

なんとこの試合、白鳥さんは12000点のアガリしかしていません。麻雀ってそう毎回高い手をアガれるわけではなく、時には「かわし手」と呼ばれる安いアガリが発生するものです。

しかし、白鳥さんは12000点のアガリを4発決めて試合を制圧してしまいました。せっかくなんで、1つ1つサッと紹介していきますね。

1発目!東2局!リーチ・一発・タンヤオ・ピンフ・三色!堀さんから12000点を直撃!

2発目!東4局!リーチ・ツモ・嶺上開花・一盃口・ドラドラ!堀さんとのめくり合いを制して12000点を加点!

3発目!南3局!索子の清一色!親の満貫でさらに12000点を加点!

4発目!さらに南3局!今度は萬子の清一色!親の満貫でさらに12000点を加点!

もう参りました!

この試合では、守備面でも光る選択があり、もうキレッキレでした。堀さんのリーチに対し、初心者なら振り込んじゃいそうな6索を止めた、なんて場面があって見どころ満載です!

この勝利が起爆剤となり、ABEMASが圧倒的な首位へ君臨することになりました。白鳥さんの勝利でABEMASは全員がプラスの成績を獲得!

しばらく、この牙城は崩れないでしょう!そして、この白鳥さんの脇であらがう他選手の戦いぶりも見どころでした。それが次の見どころです。

パイレーツ瑞原の背後を脅かす!死力を尽くしたサクラナイツの秘密兵器

この試合、実はパイレーツ瑞原明奈さんの楽勝ムードが序盤に漂っていました。結果的に、白鳥さんの12000ラッシュに飲み込まれたわけですが…

瑞原さんは序盤、凄いアガリを手にします。東2局の親番、リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ3の6000オール!18000点の加点です。

6000オールと言えば、それ一発で決め手になることもあるような巨大なアガリです。

しかし、その直後から12000ラッシュが始まります。そして、その12000ラッシュの被害者となったのが、サクラナイツの秘密兵器です。

そう、現状でチームの勝ち頭となっている堀慎吾さんのことです。新人でありながら、強烈な勝ちっぷりを見せ続けている選手です。

瑞原さんが6000オールをアガる。そして白鳥さんから12000を直撃される。この状況へ追い込まれたら、堀さんが上位へ復活するのは困難に思えました。

しかし、ここからが堀さんの本領だった!6000オールをアガった後、パイレーツ瑞原さんはなかなか2の矢を放てないでいました。

その隙をついて、死力を尽くして加点し続けた堀さん。後半戦の南場に入ってから、12000点・8000点と加点して瑞原さんの2着を脅かす位置まで来ます。

そして決まり手になったのが南3局。瑞原さんと4700点差になったところで、瑞原さんとのめくり合いを制しました!
8000点を直撃し、ついに2着へ浮上

自身の強さを見せつけるような戦いぶりでした。不敵な大型新人です。
そしてパイレーツファンの僕は、このタイミングで魂が抜けました

3着に落とされた…(-_-;)

 激しくて見ごたえある試合なんで、とても楽しめる内容だとは思います。
とりあえず、僕は3着落ちしたことが辛いです(泣)

では、試合の見どころは以上です。もしMリーグを見る場合は、ABEMAプレミアムであれば全試合を視聴することができます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【関連ページ】
この記事の動画バージョン
同日に行われた2戦目の記事

(管理人ツイッター)