(管理人ツイッター)
”美しきMリーグライフ”管理人であり、Mリーグファンのヒロユキです!

この「試合の見どころ解説シリーズ」では、ファン(管理人)の目線から試合の見どころを分かりやすく解説しています。
試合を見た方は、試合の面白を振返るために。試合を見ていない方は、試合の見どころがなんなのかを知るために、この記事を活用してくださいね^^

また、記事の動画バージョンをYouTubeで配信しています。記事を読むのが面倒なら、そちらを視聴してみるのがいいと思います。

今回話す12月4日金曜の1戦目は、
KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳さん
EX風林火山滝沢和典さん
KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりさん
セガサミーフェニックス魚谷侑未さん、という対戦メンバーでした。

では、さっそく試合の見どころを話していきます!

止まらない格差!麻雀って理不尽だから面白い!

この試合は、麻雀の理不尽さ・不平等さが詰まっていました。
誤解しないでほしいのですが、僕は「いい意味で」理不尽という言葉を使っています。

運の要素が絡む競技だからこそ、楽に勝てる時もあればそうでない時もある。しかし、そんな中でも確実に実力が反映される要素がある。

だからこそ、見ていてワクワクするようなドラマティックな展開が生まれる。Mリーグを見ている人にはぜひ、そんな理不尽さを楽しんでほしいなと思います。

そして、この試合はとにかくサクラナイツの岡田さん風林火山の滝沢さんへ運が偏っていた!
そしてそんな運の偏りに左右された格闘倶楽部の高宮さんフェニックスの魚谷さん

特に魚谷さんは厳しくて、試合中1回もテンパイすら果たせずに試合が終了!フェニックスのファンはやきもきしたでしょう。

でも個人的に思うんですけど、魚谷さんに関してはほぼ勝利と言ってもいいんじゃないかと思うんですよ。

魚谷さんは1回もテンパイすらできない中で、13000点の3着。加点の機会がまったくないのに、3着に抑えたって素晴らしいと思いませんか?

この運量でこの結果であれば、ほぼ勝利と言っていい内容だと自分は思います。麻雀は理不尽な競技だからこそ、こういった視点を持つとさらにMリーグが面白くなるはずですよ^^

自身の誕生日を彩るために、最善を尽くし続けた滝沢

先ほど言いましたがこの試合は、サクラナイツの岡田さん風林火山の滝沢さんによるデッドヒートでした。2人が加点しあった末に、最後は滝沢さんが差し切るという結果でした。

序盤の攻防ですごかったのが、東1局の親番を連荘している岡田さんへ立ち向かったシーン。ここで親の岡田さんから2巡目のリーチが放たれます。
「2巡目は早すぎる!勘弁してくれー!」って感じですよね。

しかし、このシーンを見事にモノにした滝沢さん。リーチをぶつけて一発ツモ

リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤の12000点。教科書みたいなきれいな形の手を、最高の結果に仕上げました!

ここで親の岡田さんへ立ち向かったからこそ、結果につながったんだと思います。この加点がなければ、ほぼ間違いなく岡田さんのゲームになっていたでしょう。

そして決まり手となった局面!岡田さんと2700点差しかなくてどちらが勝つかわからないという状況の南3局!

この場面で、先ほどのようなめっちゃきれいな手を仕上げる滝沢さん。リーチ・タンヤオ・ピンフ・ドラドラによる8000点の加点。

滝沢さんの手はいつもきれいすぎるんです!見事トップになった滝沢さん。
実は、翌々日である12/6の日曜に誕生日を迎えるそうです。

日曜はMリーグがないので、実質この戦いが誕生日の試合とも言えます。

最高の結果で最高の誕生日を迎える滝沢さんは、41歳を迎えてさらに進化を続けていくことでしょう。
キャッチフレーズ「進化する王道」にふさわしい、美しい戦いぶりだったと思います!

ぜひこの試合を視聴して、そんな滝沢さんの戦いぶりを見てみてはどうでしょうか?

では、試合の見どころは以上です。もしMリーグを見る場合は、ABEMAプレミアムであれば全試合を視聴することができます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【関連ページ】
この記事の動画バージョン
同日に行われた2戦目の記事

(管理人ツイッター)