(管理人ツイッター)
”美しきMリーグライフ”管理人であり、Mリーグファンのヒロユキです!

この「試合の見どころ解説シリーズ」では、ファン(管理人)の目線から試合の見どころを分かりやすく解説しています。

さらに、記事の動画バージョンYouTubeで配信しています。記事を読むのが面倒なら、そちらを視聴してみるのがいいと思います。

今回話す12月18日(金)の1戦目は、
KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人さん
KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾さん
U-NEXT Pirates瑞原明奈さん
赤坂ドリブンズ園田賢さん、という対戦メンバーでした。

では、さっそく試合の見どころを解説していきます。

見どころ①攻撃性の高い人たちの激突、切り開いていく堀慎吾

今回は非常に攻めっけの強いメンツが出そろいました。寿人さん堀さん瑞原さん園田さん、本当に4人とも攻撃性の高い人たちです。

攻めれる局面であれば、先制を受けても攻撃のことを考える。その証拠に、この試合はめちゃくちゃリーチがぶつかり合いました。

そんな中で強かったのが、サクラナイツ堀慎吾さんでした。堀さんもホント攻撃的で「切り開いていく」って感じの選手なんですよね。

堀さん自身が会心の局だと語ったのが南1局。パイレーツ瑞原さんと1万点を超える差をつけられた2着。

この局はまず、ドリブンズ園田さんがやっかいな戦法を仕掛けてきました。手の中バラバラだけど、鳴いてブラフのホンイツを仕掛けてきたんです。

ここへ切り込んでいったのが堀さんです。見事に瑞原さんを射程にとらえるアガリ!

この局の堀さんは、とても見事な切込みっぷりでした。ぜひ、果敢に攻める堀さんの戦いをご覧になってみてください。

見どころ②明暗がくっきり分かれた2人の運命

この明暗が分かれた2人っていうのは、格闘倶楽部の寿人さんパイレーツの瑞原さんです。

この2人の話の試合を見たら、麻雀って本当にシビアな競技だなって思わされました。どれだけ努力を尽くしても、1つの不運で厳しい状況へ追い込まれることがあるんです。

まず序盤から、効果的な加点を繰り返していた瑞原さん。東1局に先制で手にした満貫のアガリ

そして次の局でも、寿人さんの先制リーチを潰して満貫ツモを手にする!
こうしてリードを築いた瑞原さんですが、たった一回の不運でリードが無になってしまいました

それが南2局1本場です。先制でピンフのリーチをかけた瑞原さん。
しかし、ここからが不運の始まりでした。瑞原さんはアガれないまま局が終盤となり、寿人さんが追い付いてきたんです。

寿人さんの追いかけリーチ。そしてここで瑞原さんが1発でアタリ牌をつかんだ

この失点が響いたことで、最終的に寿人さんと順位が逆転してしまいました。瑞原さんの切ない顔が印象的でした…

そしてこの試合は、1着:堀さん2着:寿人さんでフィニッシュ。

とにかくこの試合は、4選手の「切り開いていく姿勢」というのが見どころ満点でした。そんな中でも堀さんの戦いが光ってましたね。

サクラナイツの実力枠として新加入した堀さん。そんな堀さんは、前評判にたがわぬ活躍でサクラナイツを盛り上げています。

新加入の選手が活躍することで、Mリーグはさらに盛り上がってくれます。これからも堀さんの活躍が楽しみですね^^

【オマケ】神田明神が、やたらと流行っている

神田明神とは、東京都千代田区にある神社のことです。

近頃、Mリーグで神田明神がやたらと流行ってます。流行っているっていうのはどういうことかというと…

きっかけはサクラナイツでした。サクラナイツがある日、チーム全員でお参りに行ったそうです。

その日からチームは上り調子!内川さんの7万点超えトップなんて試合もありました。

そしてこの日の試合でも2連勝。インタビューで、サクラナイツ選手はいつも神田明神の話ばっかりしています。

そして、本来であれば神頼みなんか信じない、というチームカラーであるパイレーツ。そのパイレーツに所属する石橋さんも、ついに神頼みを始めました。

ツイッターで神田明神へ行ったことを報告。パイレーツらしからぬ行為によって、ツイッターがめちゃめちゃ盛り上がっていました

このブームはどこまで続くのか?続報があり次第、このブログでもご報告します。

では、試合の見どころ解説は以上です。もしMリーグを見る場合は、ABEMAプレミアムであれば全試合を視聴することができます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【関連ページ】
この記事の動画バージョン

(管理人ツイッター)