”美しきMリーグライフ”管理人のヒロユキです!

この記事では、Mリーグに所属する選手についてご紹介します。
セガサミーフェニックスのチームメンバーである和久津晶(わくつあきら)さんです。

この投稿をInstagramで見る

 

2020シーズンのユニフォーム写真が公開! #Mリーグ #abematv #ミズノ #麻雀プロ #日焼け #アッシュシルバー #luisvuitton

和久津晶(@akirawakutsu217)がシェアした投稿 –

↑和久津さんのインスタグラムより

上のインスタ写真を見れば分かるように、和久津さんは見た目のインパクトが抜群の麻雀プロです。麻雀プロが100人並んでいても、誰が和久津さんなのかは一目でわかるでしょう。

そんな和久津さんは、Mリーグへ抜擢されるだけあって実力派のトッププロとして知られています。そして、麻雀界で屈指のャルとしても知られています。

そんな、ギャルでありトッププロである和久津さん。ドラフト会議の際も、有力な候補として事前に名前が挙がっていました。

この記事では、そんなギャルMリーガー和久津さんの素顔についてご紹介していきます。
初心者でも読みやすいように、麻雀の細かい技術よりも和久津さんの個性へフォーカスした内容となっています。それでは、記事の本題へ移っていきましょう!

セガサミーフェニックスのチームメンバー「和久津晶」とはどんな人?

和久津さんは、(株)セガサミーホールディングスの運営するMリーグチーム”セガサミーフェニックス”へ所属しています。

↑フェニックスの4選手

和久津さんがMリーグへ加入したのは、リーグ発足2年目のことです。初年度は3名体制だったフェニックスへ、戦力を補強する形で抜擢されました。

そんな和久津さんですが、他のMリーガーと比べてプロ歴がそんなに長いわけではありません。麻雀プロになったのは20代の後半です。つまり、社会に出てすぐプロになった訳じゃないんですね。

プロ歴は他選手より短いものの、短期間で結果を出したことで実力派の選手として知られるようになりました。ドラフト指名の際は、本命の一人と言われており、見事にフェニックスからの指名を勝ち取ります。

こうしてセガサミーフェニックスは、Mリーグ唯一の女性が中心のチームとなります。そして2019シーズンでは、最初から最後までフェニックスが台風の目となり、大暴れすることになるのです。

和久津晶の特徴①ブレのない圧倒的なギャル

もはや口で説明する必要ないかもしれません。最初の写真を見れば分かりますが、和久津さんめっちゃギャルです。

↑和久津さんのツイッターより

この”一目で分かるギャル感”が和久津さんの持ち味です。見た目が分かりやすくていいですよね。ただ、実はちゃんと考えが持った上でギャルをやっているらしいですよ。

人より遅れてプロになった和久津さんは、自身をいかにプロデュースするかが大事だと考えたそうです。
「麻雀プロなんだから麻雀強いのは当然。ただ、それだけだと他のプロ達と差別化するのが難しい。だからこそ、なにかプラスアルファの要素を出していかなければ…」

その結果、見た目でも個性をアピールすることにしたそうです。
強いだけの麻雀プロはいくらでもいる。かわいい女性プロもたくさんいる。ただ、ギャルな麻雀プロは一人もいない。
「それなら、自分がギャルな麻雀プロになろう」

実はこういう考えもあって、ギャルな麻雀プロになったそうです。非常に合理的な考え方ですよね。大事な試合の前には、必ず日焼けサロンで焼いているそうです。

もちろん、麻雀をおろそかにしてはなりません。見た目がどれだけ強烈でも、弱かったら相手にされないのが勝負の世界です。麻雀の実力も備えているからこそ、強くてギャルな麻雀プロとしての地位を確立しているのです。

そんな和久津さんがMリーグで活躍した試合をご紹介します。それは、2019年12月20日の2戦目のことです。実は、和久津さんは新たなMリーグという舞台に苦戦していました。

思うように結果が出ない日々の中で、年末の試合に起用されたのです。2019シーズンは、年をまたいで2020年の6月まで続くことになりますが、年内試合としては12月20日が最終日となります。

2019シーズンを席巻した”フェニックス旋風”は2020年の年明けから巻き起こるのですが、実はそのきっかけがこの和久津さんの試合です。

嵐を巻き起こすきっかけとなった、和久津晶の戦いをぜひご覧になってみてください。そして2019年12月20日の2戦目を見たら、次は2020年1月7日2020年1月10日の戦いを順番に見ていきましょう。フェニックスが天空へ高く突き抜けていく様子がよく分かるはずです。

AbemaTV 無料体験
ABEMAプレミアムで過去の試合を視聴可

和久津晶の特徴②実は、めちゃくちゃ繊細な乙女

先ほど言った、”めちゃくちゃギャルな和久津さん”からは想像つかないような一面ですね。実は、和久津さんはめちゃくちゃ繊細な乙女なんです。

この事実は、チームメイトや他のMリーガーの発言によって判明しました。”フェニックスの大黒柱”こと近藤さんが、とある媒体で話していたのです。
チームメイト近藤さんの紹介記事

和久津さんは、パッと見は豪快な雰囲気です。そして、本人も「自分は豪快な性格だよ」と主張しています。でも実は、フェニックスの女性選手の中でもっとも繊細な性格をしているらしいのです。

他者に対する気遣いにあふれ、相手の気持ちを敏感に察知します。多くの人と顔を合わせる場では、それぞれに対する声掛けは忘れません。緊張している人に対しては、優しい言葉で気持ちを和らげてくれます。

つまり、和久津さんは「思いやりにあふれたギャル」なのです。

和久津晶の特徴③超ストイックに肉体を鍛えまくっている

見られる意識の強い和久津さんは、体を作る努力を欠かしません。超ストイックに鍛えまくっているそうです。

毎日、「左右合わせて500回の腹筋」「食事の前に寒天を飲む」「寝る前のオイルマッサージ」など…

体を作るための努力は徹底的に行っています。いつまでもギャルでい続けるためならば、どんな努力も惜しまないのです。

これらはすべて、「個性のある麻雀プロ」になるためのものです。プロとして周りに埋もれないため、努力を続ける姿勢。まさに”プロ意識”のなせるわざですね。

こういった努力によって、麻雀とは別方面からの仕事が舞い込むこともあるようです。以前、和久津さんはとあるMV(ミュージックビデオ)へ出演しました。MVの中で演じたのは”女格闘家”です。

MVは、シンガーソングライター藤田恵名さんの「DEAD STROKE」という曲のものです。権利関係がちょっと怪しいんで、ツイートの引用は控えておきます。気になったら「DEAD STROKE」のMVを見てみてください。

格闘家の和久津さんが藤田さんを殴っています笑

セガサミーフェニックスの和久津晶についてまとめ

では、ここまでをおさらいします。

■和久津晶とは?

  • セガサミーフェニックスのチームメンバー
  • Mリーグ2年目の新戦力
  • ドラフト指名における大本命

■和久津晶さんの特徴

  • 特徴①ブレのない圧倒的なギャル
    一目でわかるギャル感
    ”麻雀の強さ”以外に得た個性
    特徴②実は、めちゃくちゃ繊細な乙女
    チームで最も乙女な心を持っている
    他者に対する気遣いにあふれている
    特徴③超ストイックに肉体を鍛えまくっている
    見られる意識が強く、鍛錬を欠かさない
    毎日「左右合わせて500回の腹筋」をこなす
    MVへ”格闘家の役”で出演した

パッと見は、めちゃくちゃギャルな見た目をした和久津さん。その見た目は、実は高いプロ意識によって形作られたものだったのです。

「個性派の集団」と呼ばれるフェニックスの中でも圧倒的な個性を備えたギャル、それが和久津さんです。そして、その個性はすべて見ている私たちが退屈しないように”努力で身に着けた個性”です。

そんな意識の高い和久津さんですが、Mリーグへ加入した直後は大きく苦労を重ねることになります。シーズンの序盤は、いままでと全然違う舞台に慣れず、一人で負けを重ねてしまいます。

しかし、そんな苦しい日々を超えた先。和久津さんは、Mリーグ2019シーズンを盛り上げた”フェニックス旋風”のきっかけを作ることになります。

和久津さんから始まったフェニックス旋風は、シーズンの最終盤まで続き、多くの名勝負を生んでくれました。これから続く戦いの場で、Mリーグ全体を盛り上げる”フェニックス旋風”が起きるのを期待しながら、和久津さんの活躍を追いかけていきたいなと思います。

では、今回の記事は以上となります。ご連絡は、メインメニューにあるお問い合わせページからお願いします。

【関連する記事(チームメイトの紹介)】
魚谷侑未さんの紹介記事
近藤誠一さんの紹介記事
茅森早香さんの紹介記事

AbemaTV 無料体験
ABEMAプレミアムで過去の試合を視聴可